倒産しない保険会社を選ぶにはどうしたらいい?

生命保険は、いざというときや将来のために加入している人が殆どですよね。

 

生命保険は大変高い買い物とも言われており、月々の保険料に苦しんでいる方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、それもこれも万が一の時の保障を得るため、あるいは、子どもの成長に合わせた出費や老後の生活設計を立てるためなど、それぞれの事情を抱えていることと思います。

 

もちろん、掛金を払っている以上、万が一の時には必ず保障されるものと思っている人が多いはずです。

 

でも、もし、あなたが加入している保険会社が、あなたの保険が満期になる前に、または、あなたが保険金を受け取る前に倒産してしまったらどうなるのでしょうか?

 

当然ながら、あなたへの保険料は支払われなくなってしまいます。そればかりか、それまで長年掛けてきた掛金も捨てることになってしまうのです。

 

そんな事にならないように、倒産するような保険会社への加入は避けたいものです。景気の良い時には、倒産のことなどほとんど考える人もいないでしょう。

 

でも、決して好景気とは言えない状況が長く続く中、実際に銀行や保険会社が倒産したのは衝撃的なニュースとして今でも覚えている人が多いと思います。

 

それでは、倒産しない安心な保険会社を選ぶにはどうしたら良いでしょう?まず、保険会社はその信用度による格付けが行われています。

 

保険会社の格付はインターネットでも公開されていますから誰でもみることができますので、保険会社を選ぶ一つの基準として参考にするとよいでしょう。

もし自分が入っている生命保険会社が破綻したらどうしますか?生命保険の注意点として、潰れそうな保険会社の見分け方をご紹介します。

 

実はこの潰れる保険会社。押し売り販売と大きく関係があります。いわゆる、押し売り販売をする保険会社は潰れる可能性が高いです。押し売り販売をする会社が一体国内にどれくらいあるか?

 

半分くらいです。これを考えると、日本の生命保険の半分はなくなる、ということになります。恐ろしいですね。2つに1つは潰れると考えると一層慎重に選ばなければなりませんね。

 

ですが、押し売り販売が有効だった時期があります。それが高度経済成長期です。景気が上がると人間は開放的になります。そうすると、結婚する人も増えて子供が出来ると人口も増える。

 

この時代は何をやってもなんとかなる時代でした。この時期は本当に保険に対して需要が高く、営業すればするほど商品が売れました。だから押し売り販売が通用しました。

 

では、押し売り販売をしていなくて販売実績を得ているトップの会社はどういう販売の仕方をしているか?前にも紹介しましたが良い保険会社は保険の知識とともにセールス法も学びます。

 

そのセールス法を教えるには凄く時間がかかります。そのセールス法がコンサルティングセールスです。

 

高度成長期は教育に時間のかかるコンサルティングセールスより押し売り販売の方が売れました。ですが、今は違います。

 

ランキングに販売方法「コンサルティング」などもあればいいのですが、さすがにそこまではランキングサイトも取り扱えませんね。