生命保険は年末調整や確定申告の控除になる?

あなたが会社員なら、毎年年末に行われる年末調整をご存知でしょう。あなたが個人経営者(自営業者)だったら、毎年3月に確定申告を行なっているはずです。

 

年末調整や確定申告は、あなたの収入や状況から所得税を計算するためのもので、その申告の結果、余分に払った前年度の所得税が還付されたり、または逆に追加で所得税を収めなければならない場合もあります。

 

基本的に、前年度の所得を参考に少し多めに所得税が引かれていますから、年末調整によってある程度の所得税が還付されるのが一般的です。

 

所得税の計算では、収入から特定の条件を満たしたものが控除されるようになっています。そして、その条件の一つに生命保険の保険料金があります。

 

その他にも、不動産の購入や扶養家族の有無や人数・障害の有無など、控除を受けられる条件はあるのですが、生命保険の加入も控除の対象となることは覚えておくとよいでしょう。

 

保険会社からは事前に所得税控除のための保険料の通知書のような書類が郵送で届きますから、その書類を大切に保管して年末調整や確定申告の際に添付して提出します。

 

保険料の金額によっては結構な控除になるので、年末調整や確定申告の際には必ず忘れずに書類を添付するようにしましょう。

 

特に独身の場合は、他に控除されるものが殆ど無いので、所得税が高額になりがちです。少しでも減税してもらうため、必ず手続きするようにしたいですね。

生命保険に入る際の方法としては色々な方法がありますが、従来は生命保険といえば生命保険会社の営業マンや生命保険会社の代理店を通じてしか生命保険に加入することがなかったのですが、ここ数年外資系の生命保険会社の参入も加わり、またインターネットの普及によって生命保険の入り方もスタイルが変わりつつあります。

 

生命保険の入り方でインターネットで入ったり電話だけで契約をするというダイレクト型の生命保険の入り方が今は人気です。

 

ダイレクト型の生命保険は、代理店を置くコストが削減されていますし、他にも、人件費なども削減されていることから生命保険料自体が安めに設定されていることが多いので少しでも、生命保険の保険料を抑えたいと思っている人の入り方としては、生命保険のダイレクト型のものに加入するのがおすすめです。

 

生命保険の入り方はこのように色々な方法があるわけですが、しっかりと話を聞いてから生命保険に入りたいと思っている人の場合には、従来の営業マンや代理店窓口を通した生命保険の入り方がお勧めですが、手軽に色々と自分で比較して生命保険に入りたいと思っている人の場合にはダイレクト型でインターネットや電話で申し込むタイプがいいのではないでしょうか?