自殺しても保険金は支払われるの?

生命保険は自殺でも支払われるのでしょうか?

 

各生命保険会社が約款内で規定している一定の免責期間を超えた後の自殺であれば、保険金が出ることがほとんどです。

 

この免責期間は、保険会社や保険商品(保険内容)によって定められており、一般的には一年から三年くらいに定められていることが多く、その期間内の自殺では保険料の支払いは行われません。

 

これは、保険金目当てで、自殺することを前提に生命保険に加入するという悪質な加入者を排除するためのものです。基本的に生命保険は、「万が一の場合に備えたもの」ですから、保険金目当ての死亡であってはならないわけですね。

 

とはいえ、不景気でリストラや倒産が相次ぐような時代には、一家の主がある日突然、自殺してしまうこともあります。そのような場合には、残された家族にとって生命保険の保険料は生きていくために必要なお金となるでしょう。

 

本来は法律で、「自殺の場合は保険料の支払いをしなくても良い」という事になっています。でも、各保険会社が独自のサービスとして一定の免責期間を設け、それ以降の自殺であれば、約款に記載されている保険料を支払うとしているのです。

 

ですから、保険会社によってはそういう免責期間を設けてないところがあっても問題ではありません。

 

もちろん、そういう場合には自殺による保険料の支払いが行われないことになりますが、それを責めることは出来ないわけです。

 

自殺を前提に生命保険に加入することはないでしょうが、万が一の事を考えれば、約款に記載されている免責期間を事前に確認しておいた方がよいでしょう。

生命保険の相談相手についてですが、あなたは生命保険について相談できる相手がいますか?私は知り合いに生命保険の営業マンがいて、何でも相談できるので助かっていますが、生命保険のことについて相談できる相手がいるということはとてもいいことですよね。

 

なぜなら生命保険を選ぶというのはとても難しいことで安易に生命保険を選ぶとあとで損をしたり無駄になってしまったりするからです。

 

生命保険で成功するか失敗するかは実は生命保険の相談者選びから始まっているといわれています。生命保険について相談できる人がいるかいないかによって、かしこく生命保険に加入することができるかどうかが変わってくるのです。

 

生命保険に賢く無駄をおさえて加入したいと思っている人は、生命保険を相談できる相談相手を探すことが大切です。知り合いや知人に営業マンがいる人はいいのですが、いない人でも安心してください。

 

最近はインターネットで生命保険の相談相手を探すことができるというサイトもあり、それぞれの地域にいる相談相手を自分で探してアポを取ることができるというサービスもありますから、手軽に生命保険についてわからないことがあれば相談できるようになりました。