コンサルティングセールス

それだけのお金を払って雇っている職員が押し売り販売などという非効率な販売をしていたら、それは会社全体の問題になってきますよね。その生命保険会社の営業自体が物凄く非効率です。

 

これでは遅かれ早かれ危ないですよね。今の時点で危ないのではないでしょうか?潰れるのも時間の問題ですね。では、押し売り販売は名前の通りの販売方法だけど、コンサルティングセールスとはなにか?

 

コンサルティングセールスとは、専門的な立場で商品の説明、顧客へ助言を行う販売手法です。私たちの相談に乗りながら販売してくれます。いわゆる全てが私たちベースで考えてくれます。

 

私たちの立場に立ち、商品の説明をし、その商品を手にした時、得られる生活まで考えてくれます。聞くからに素晴らしい販売手法ですね。これは私たちもセールスマンも気持ちがよく売買できますね。親切です。

 

これからはコンサルティングセールスをしている保険会社が生き残っていくことでしょう。これを聞いたら、是非コンサルティングセールスの方とお話がしたくなってきますね。それに、そこの商品を購入したくなります。

 

満足するとそれを他人に伝えたくなりますよね。「あそこの生命保険はいいわよ、すごく親切だし?」と、こうなりますよね。そうすると結果的に保険会社にもいいですよね。

 

こうやって良い保険はトップへと上り詰めていく訳です。なるほど、納得。なんだかすっきりしますね、良い会社がトップに居るっていうのは。

悪質な生命保険会社は相談窓口でさえもまともに対応してもらえないケースがあるようです。そんな保険が本当に存在しています。それも私たちがちゃんとわかっていないから成り立つのかもしれません。

 

生命保険会社だとまともに対応してもらえなくても損害保険会社ではフリーダイヤルに電話した場合、比較的きちんと対応してくれるようです。

 

担当者に言ってももちろん駄目!フリーダイヤルに電話しても駄目だった!じゃあどこに相談すればいいの?となりますよね。実は、最終手段といってもいい凄く効きめのある相談場所があります。それは金融庁です。

 

なんか話が大きくなってきました。なんだか本格的で少し気が引けてしまうかもしれませんが、本当に困っている場合は有効です。苦情や解約などの要望を金融庁に申し立てれば保険会社もすぐに対応してくれます。

 

すごいですね、金融庁。あれだけ言っても効かなかった保険会社が慌てて動いてくれました。金融庁って何者なのでしょう。実は保険会社は金融庁が取り締まっています。保険業というのは免許事業です。

 

その免許を出すのが金融庁です。もちろん取り上げることもできるわけです。そして金融庁は完全なる私たちの味方です。金融庁は私たち保険契約者の保護を図り、金融の円滑を図るのが仕事です。なんと頼もしい事でしょう。

 

しかし、金融庁に言うと保険会社にとってあなたはかなりうるさい契約者になります。金融庁に申し立てる時はその保険会社と縁を切りたいときだけにしておいた方がよさそうです。