生命保険の比較ポイント

生命保険を比較する際のポイントについて紹介していきたいと思います。生命保険といっても色々な種類の生命保険がありますからその都度比較していく必要があります。

 

生命保険を比較する際には何をポイントにして比較していけばいいのでしょうか?

 

生命保険というのは、内容が複雑なものからわかりやすいものまで色々とありますが、自分が理解できなければ意味がありませんから、生命保険を比較する際には、自分が内容をきちんと理解できる生命保険商品を選ぶように、シンプルな内容のものを選ぶのがいいでしょう。

 

そして生命保険の保険料を抑えたいと思っている人は、代理店や営業マンを通さずに加入できる生命保険のインターネット型やダイレクト型のものがお勧めですから比較してみるといいでしょう。

 

生命保険会社によっては保険料や支払いの際の手続きなどのあらゆる情報を細かく開示しているところもあれば、全くどうなっているのかわからないところもあります。

 

わからないところよりはわかる生命保険会社を選んだほうがいいに決まっていますから情報がわかりやすい生命保険会社を選びましょう。そしてもちろん不払いなどが起きていない生命保険会社を比較することも大切で格付けなどを見ながら検討しましょう。

トップの生命保険会社は押し売りなどではなくお客にちゃんと理解、納得をしてもらった上で、買ってもらっているわけですから、ほとんどが押し売り販売はしていません。

 

生命保険会社の人が家に来て、なかなか帰らない、なんて会社は確実に押し売り販売をしている会社です。本当に良い会社は、しつこくありません。そして、保険会社の人もお客もお互いに気持ちよく売買ができます。

 

でもなんで押し売り販売をするのでしょう。それは保険会社の教育の仕方に問題があります。別に商品の知識に関しては良い保険会社も押し売り販売をする保険会社も変わりません。

 

ここからは押し売り販売の経緯についてお話していきます。研修で商品の知識はガンガン叩きこまれます。そして、研修期間に商品の知識をみっちりと教えられ、いよいよ販売しにいこうとします。

 

ここで、初めて売り上げのノルマの壁にぶち当たります。そう、保険会社には売り上げのノルマがあるのです。ノルマがあると言うだけで焦りますよね。期間内にこれだけの実績を残さないとクビになってしまう。

 

でも、商品の知識はあるのだから、それをちゃんと説明していれば大丈夫。それがそうはいきません。学んだことをお客さんに一生懸命説明しても、お客さんからすると、小難しい話にしか聞こえない訳です。

 

アタックしても断られる、これが何回も続くと、うまれるのが押し売り販売です。こんな心境で商品を売っていると思うと少し同情してしまいますね。

 

だいたい何社かに絞り、そこから資料請求をしてみると押し売り販売の人かどうかわかるかもしれません。