生命保険と共済との違いは?

生命保険と似たようなシステムの「共済」というのを聞いたことがあると思います。

 

国民共済・県民共済・JA共済などは、CMなどでも見かけることが多いですから有名ですよね。大抵のお宅では、これらのチラシをポスティングされた経験があるのではないでしょうか?

 

でも、その内容を読んだことはないかもしれませんね。大抵の場合は、亡くなった場合の保障や病気や事故の場合の保障内容、また、掛け金などが書かれているはずです。

 

それらを見ると生命保険と同様に感じられますが、その掛け金はずいぶん安くなっています。生命保険と共済の違いは、生命保険が営利目的の企業が運営しているのに対して、共済は非営利団体が運営しているという点です。

 

生命保険では、掛け金として預かったお金を運用して利益を出しますから、基本的に希望者は誰でも保険に加入することが出来ます。

 

それに対して、共済は全労済・各都道府県や市町村・JAやコープなどの団体が行なっているので、その団体に加盟していなければ共済に加入することはできません。

 

例えば、県民共済(都民共済・府民共済・道民共済)などは、自分が在住している各都道府県のものでなければ加入できないのです。

 

また、共済は基本的に非営利なので、生命保険と比べると掛け金が格安です。

 

もちろん、保障内容も生命保険とは違いがありますから、より手厚い保障や様々なオプション保障を求めるのであれば、生命保険の方が希望に沿ったものが見つけられるでしょう。

生命保険と共済の比較

さて、今回は「生命保険と共済の比較」についてをお話していきます。共済については、誰もが何かしらで聞いたことのあるものだと思います。では、その詳しいところはご存知でしょうか?

 

生命保険は営利目的のものですが、共済は団体が協力して、非営利事業としての「保険」を成り立て運営しています。

 

生命保険の会社の場合は、組織的に利益を追求し、保険で生活をまかなっているのですが、それに対して共済は、あくまでも「みんなで協力してがんばろう」というスタイルで活動してます。

 

その分、「なんとなく親しみやすい」という点が大きいですし、地元の知り合いに頼んで入る人も多いので、「相談できる人が身近にいる」分、信頼度も大きくなります。では、実際二つの間にどういった違いがあるのか、というと下記のような違いがあります。

 

まず、共済の場合、「保険料」のことを「共済料」と呼ぶなどの細かい違いがあります。そして、アリコやアフラックなどの保険会社の場合、監督官庁が「金融庁」であるのに対し、共済の場合は、監督官庁が「農林水産省」であるという点も異なってます。

 

生命保険の会社同士を比較すると「料金が高いか安いか」「プランが豊富かそうでないか」などの結果に終結しますが、生命保険の会社と共済を比較してみると、このようにかなり根本的な部分に違いが見られるのです。

 

また、保険会社の保険に加入する際はほとんど無審査で加入できますが、共済の場合は、どういった地域でどういう職種についているかということが問われます。

 

やはり、その地域においての共済と、そうでない共済があるので、必然的に「どこに住んでいるか」という点が重要になるということですね。

 

生命保険会社と比較しても、プランも少ないですし、あまり気に入ったコースはないかもしれません。

 

しかし、共済の場合、加入してしまえば掛け金も安く、手厚い保証を受けることができるのです。この点は大きいと思いませんか?

 

一口に共済といっても、「労済」があつかう「こくみん共済」や、JAが扱う「JA共済」。また、県民共済、町民共済など、数多くの種類が存在します。

 

生命保険と比較しても、料金が経済的なので、なるべく安くすませたいという人は、生命保険よりも共済がよいかと思われます。