生命保険と簡保(簡易保険)との違いは?

簡保(簡易保険)は全国の郵便局で、保険金を即時に受け取ることができるサービスを展開しています。

 

この簡保の特徴としては「審査が厳しくない」という点があり、他の生命保険に加入できないといった事情を抱えている人でも、ほぼ無審査に加入することができます。

 

つまり、他の生命保険と比較しても、圧倒的に入りやすく、良心的なものなのです。

 

また、六万円以下の入院ならば、診断書はなくても、領収書を見せれば保険がおりるといったうれしい点もあります。

 

こういった庶民に優しいシステムも魅力的ですし、やはり国が運営しているだけあって、簡易保険の生命保険は安心感が違うようです。

 

その分、アリコなどの大手保険会社と比較しても、積み立てなければならないお金も大きく、保険料が割高であるといったデメリットはあります。ですが、いざ病気になったときの安心感は他社にはない大きなものとなりますし、利用者の満足度も高いようです。

 

また、国が管理しているだけあって、非常時のフォローにおいても、アリコやアフラックにはない迅速な対応をとることができます。実際に、阪神淡路大震災のときには、非常時の即時払いができるように、手早い対応をとりました。

 

簡易保険はつまり、災害に遭遇したらどうすればいいのか?保険はどうなってしまうのか?、という緊急時の心配がなく、何か起こった時でも、心の負担が小さく済むのです。

 

「だけど、簡易保険の保険商品では、医療保険が充実してないから不安かもしれない」という方には「共済」との組み合わせでカバーするといった手段もあるので大丈夫です。

 

こういった安心できる点がたくさんあるのが簡易保険です。確かに積み立てるお金は大きくなってしまいますが、他の生命保険と比較すると、良心的な点がたくさんあるのです。

 

「高くてもいいから、安心できる保険に入りたい」という方には、簡易保険への加入がオススメです。

簡保の生命保険と各社の生命保険の比較

生命保険ひとつ選ぶといっても「アフラック」の生命保険、「アリコ」の生命保険、「チューリッヒ」の生命保険など、会社もさまざまですし、比較してみると、各社によって内容もさまざまです。

 

また、忘れられがちなのが「簡保」の存在ですが、簡保の場合は、診断書なしで給付金を受け取れるといったポイントがあります。

 

どの会社でもいえることですが、給付金を受けとるためには「診断書」が必要です。診断書は、言わずもがなですが、自分が本当にその症状を発症しているということを、証明するためのものですね。

 

この診断書を見て、「本当にがんなので、給付金を渡しますね」となるのが保険会社の通常のパターンです。

 

しかし、診断書というものは一通で四万五千円するものです。入院費が一日五千円だとして、九日間入院できる額がそこで発生してしまうのです。

 

簡保なら、そういった出費も抑えることができますし、保険金も即日払いなので、安心して受け取ることができます。簡保という生命保険に良心的なものを感じる人は多く、「賢い保険を選ぶ」方法の一つとして「簡保」という選択があるのはもう一般的な認識となっています。

 

また、うつ病などの精神疾患で保険金がおりるのも簡保の特徴です。簡保は民間の不安に寄り添って、良心的に経営しているので、利用者の満足度が高いという点においては、他社を圧倒しています。簡保の「保険金の即時の振り込み」に助けられたという人も少なくありません。

 

他社の生命保険と比較しても、実際的に有効なプランも多いので、より誠実な実績を求めるならば、簡保の生命保険がおすすめです。