老後・貯蓄保障

老後・貯蓄保障について説明いたします。老後・貯蓄保障は4つに分けられ養老保険・個人年金保険・変額個人年金保険・学資保険があります。

 

養老保険は保険期間内に死亡したとき、死亡保険が死亡せず満期を迎えたら同じ額の満期保険金が受け取れます。利点は、備えると同時に貯めることが出来ることです。

 

個人年金保険は老後の年金の受け取りを目的とした保険です。この中には、一生涯年金を受け取れるもの、10・15年など一定期間受け取れるものがあります。利点は、年金の受け取り方が選べることです。

 

変額個人年金保険は運用の実績において年金・解約返戻金・死亡保険金の額が増えたり減ったりするハイリターン・ハイリスク型の年金です。

 

注意点は、運用の実績によって死亡保険・年金・解約返戻金が変わります。解約返戻金には最低保証はありません。しかし、各生命保険会社により、異なった取り扱いをしています。

 

学資保険は自分の親の万一に備えておくのと同時に、計画的に子供の教育資金を準備する為の保険です。

 

以上です。

 

こうやってみると本当に保険というのは色々な種類があります。一つの保険からまた何重にも枝分かれして…。

 

本当は生命保険の種類を全て知っていて、だいたいどんな保険であるかが分かって入れば、それに越したことはないのでしょうが、そんなの保険会社の人以外で理解している人なんて本当に数少ないでしょう。

 

でも生命保険はほとんどの人が加入していますよね。だいぶ生命保険のことが分かってきたのではないでしょうか?

 

生命保険がわかるとランキングの見方だってわかりますし、ランキングに惑わされることもなくなってくると思います。