死亡保障

生命保険の死亡保障のポイントとしては、いかに自分にあった保障内容をつけるのかということですね。

 

独身で家族がいないという人の場合にはそれほど高額な死亡保障をつける必要というのは全くありません。しかし結婚をして子供がいるという場合には、それなりに生命保険の死亡保障をつけておく必要があると思います。

 

生命保険の死亡保障は子供が独立するまでの間に限定して定期保険の死亡保険に加入するといいと思います。

 

それぞれ人によって、生命保険の死亡保障の必要な額というのは違っているのですが、一般的に目安としては3000万円から4000万円位は保障をつけておいた方が安心だとされています。

 

この目安はあくまでも目安であって、生命保険に加入する人が持家なのか、配偶者は専業主婦などのかなどの環境によっても大きく変わってくるのではないかといわれています。

 

ですから、自分には一体どれくらいの保障があれば安心なのかということなどを考えながら生命保険の死亡保障に加入するというのが一番だと思います。

 

少しでも生命保険の保険料を支払う際に無駄のないようにするためにも、生命保険の死亡保障は自分にあったものを選ぶようにするというのがポイントです。

ご自身の現状をよく考えた上で、次にどの生命保険に入ればいいかが問題となってきます。まず、生命保険の種類はどれくらいあるか?生命保険の種類がわかればおのずと自分がどの保険に入りたいか、などが明確になってくると思います。

 

生命保険には機能別に大きく分けて、3つあります。

 

  • 一つ目は、死亡保障。
  • 二つ目は、入院保障。
  • 三つ目は、老後・貯蓄保障。

 

死亡保障は名前のまま、死亡した場合の保障機能です。入院保障は、病気、ケガなどの入院、または治療費用の保障機能です。老後・貯蓄保障は、老後の為の生活資金や子供の教育資金などの貯蓄機能です。

 

この三つからまた細かく分類されていきます。

 

死亡保障の中には定期保険、定期付終身保険、終身保険、終身保険、無選択終身保険があります。

 

定期保険とは、保障期間内に死亡した場合のみに支払われるものです。注意すべき点は、保障期間外の死亡に関して、一切お金は支払われません。そのため、掛け捨て保険とも呼ばれています。

 

定期付終身保険とは、その名の通り、終身保険に定期保険を付加した保険です。もっとも親しまれている人気の保険です。

 

終身保険とは、死ぬまで死亡保障が続く保険で、貯蓄機能を持っています。終身保険とは、運用実績に応じ、解約返戻金・保険金の金額が増減する保険です。ハイリターンでもありますが、その分リスクも大きいので注意しましょう。

 

無選択終身保険とは、誰でも加入できる終身保険です。健康上の理由や高齢で、加入できなかった方も入れる、告知、医師の診査がいらない保険です。

 

ランキングをご覧になるときも、ただ単に人気があるからというだけでなくちゃんと死亡保障などの細かいところも見るようにしましょう。ランキングで大きいくくりで見てしまうと小さいところを見逃してしまうかもしれません。