子供保険

生命保険の子供保険についてですが、子供保険というのは、生命保険会社によっては学資保険とも呼ばれている保険になります。

 

生命保険の子供保険に加入することの目的としては教育資金を用意するために加入するという目的になっています。

 

子供が大きくなった将来に必要な教育資金を確実に貯蓄していくために生命保険の子供保険はありますが、貯蓄しながら保障をつけられるというメリットがあります。

 

生命保険の子供保険は、毎月保険料を支払ったものが積み立てられ、そして子供の学費が必要になったとkに満期保険金がもらえるという形の生命保険商品になっています。

 

万が一契約者である親に万が一のことがあった場合には、それ以降の保険料は免除されますが満期保険金はそのまま受け取ることができるというタイプの生命保険です。

 

しかし最近は不景気のあおりから、生命保険の子供保険では支払ったお金よりも満期保険金の額の方が少ないという元本割れも発生してきていますから、他の形で教育資金を積み立てようと思っている人も多いのが現状です。

 

子供の生命保険の子供保険を選ぶ際には元本割れしていないかどうかもきちんと確認したうえで加入することをお勧めしたいと思います。

生命保険の見直しを相談する時に、絶対相談してはいけない人が居ます。それは生命保険会社の社員の方です。あくまで、生命保険会社の社員であって代理店の方は除きます。なんで見直しをするときに生命保険会社に相談してはいけないのでしょう。

 

実は、生命保険会社の人は見直しに必要な知識はほとんど持っていません。保険会社の人なのだから一番詳しいはずなのでは?と思う方が多いでしょう。保険会社の社員が持っているのは自社の保険を売る為の知識です。

 

逆に言えば、自社の保険以外の知識は皆無です。保険の見直しというのは、数多くある保険会社の中からあなたにぴったりのものを選ばないといけないわけです。しかし、保険会社の人は自社の保険のことしか知らない訳ですから、自社の保険しかPRできないわけです。

 

では、誰に相談したらいいのか?生命保険のプロの代理店の方です。実はこの生命保険のプロの代理店の方、すごく保険に詳しいです。数ある生命保険について知識が一番あるのがこの、生命保険のプロの代理店です。

 

その中でも複数の保険会社の保険を取り扱っているプロ代理店が一番いいです。どうしてかと言いますと、いわゆる保険会社の社員が持っている知識と持っている知識は真逆です。

 

保険会社の社員は自社の保険を売る知識しか持っていませんが、生命保険のプロの代理店の方はたくさんの保険会社からうちの保険を売ってください!と言われる立場なので自然とたくさんの保険会社の知識が集まってきます。