シニア保険

生命保険のシニア保険について紹介していきたいと思いますが、生命保険のシニア保険というのは、どんな保険かというと、生命保険会社が販売しているシニア保険は最後に選ぶ生命保険といわれています。

 

50歳以上の人をターゲットにしている生命保険で、簡単に加入できるメリットのある生命保険です。

 

生命保険会社は色々ありシニア保険も色々とあるのですが、ほとんどが無選択型の生命保険で、健康状態などは医師の診査が必要なくて、申告をすれば加入できるというものになります。

 

年齢によっては生命保険の更新ができなかった人や、健康状態に問題があって加入できなくなったという人たちをターゲットにして生命保険のシニア保険は人気の商品です。

 

リスクがある人や加入しやすいという生命保険商品なので普通の生命保険に比べると少し保険料が高いのが特徴です。

 

生命保険のシニア保険は健康でどんな保険にも加入できるような人というのは考える必要はありません。

 

病気をしてしまって他の生命保険に加入できない人など、何らかのリスクがあるという人だけがシニア保険を検討するといいと思います。

 

誰でもどんな人でも受け入れてくれる生命保険のシニア保険は保険料が高めに設定されているので通常一般の人には向かない保険です。

昔は生命保険への加入条件は大変厳しく、加入に際しては医師の健康診断書が必要で、特定の病気などを持っている人は加入できませんでした。でも、最近では、加入条件が比較的緩くなってきており、また高齢者でも新規加入できる保険商品も増えてきています。

 

中には、なんと89歳まで加入できる保険もあります。高齢になってから保険に加入するのは、死亡保険金が目的と言うよりは、「医療保障」が目的のケースが殆どです。もちろん、死亡保障をメインにした生命保険に加入する人もいます。

 

しかし、死亡保障にしろ医療保障にしろ、高齢になればなるほど保険金を受け取る確率が高くなるのが事実です。保険会社はサービスでお金を払っているわけではなく、自社の利益を上げることが目的ですから、支払ってもらう保険料より支払額の方が大きくなれば会社の運営自体が立ち行かなくなります。

 

ですから、保険金を受け取る確率の高い高齢者の加入は、昔は出来なかったのです。そればかりか、病気の可能性があれば加入させてもらえませんでした。現在では、その分、保険料が高くなりますが、加入条件が緩くなり、高齢者でも加入できる保険が出来ています。

 

当然ながら、同じ保険でも年齢が若いほど月々の保険料が安く、年齢が高くなるほど保障内容が全く同じでも月々の支払金額が高くなります。現在では、後期高齢者医療制度によって高齢者の医療保障が国によって保障されていますから、その辺りも含めて加入を考えた方が良いでしょう。