定期保険

生命保険の定期保険について紹介していきたいと思いますが、生命保険の定期保険といっても色々な種類がありますが、この生命保険の定期保険の特徴としては、10年、20年と自分で保証の期間を設定できる保険のことを言います。

 

必要な時にだけ自分にとって必要な保障をやすく受けることができるという特徴が生命保険の定期保険にはあります。

 

しばらく保険料を安く抑えられるのですが、万基の時に同じ補償内容の契約を更新した場合には、年齢も上がっていますから生命保険料が高くなってしまうという特徴もあるので注意しましょう。

 

生命保険の定期保険は掛け捨て型で、生命保険料は保険金や給付に使われますから満期になったときや解約をした場合の解約返戻金などは発生しないことになっています。

 

生命保険の定期保険といっても色々な保険があり、死亡保険は子供が独立するまでに限定するといいと思いますし、医療保険は、これから先の医療費を貯金できるようになるまでといったように、期限をつけて一時的に保障を確保しておくというときに役に立つ生命保険になっています。

 

生命保険の定期保険は掛け捨てなので払うだけ損をすると思われがちですが、決して損というわけではないです。

保険会社の社員の方も自分の保険を見直す時はプロの代理店の方に相談するくらいですからどれだけ詳しいのかわかりますよね。保険会社の人も頼ってしまうプロ代理店は相談役にぴったりです。

 

「定期付終身保険」の話をします。

 

定期付終身保険は以前にマスコミ、雑誌で良くないと取り上げられた時期がありました。どういう風に取り上げられたかと申しますと、「ほとんど掛け金が掛け捨てになり無駄な生命保険」や、「途中で掛け金が倍にあがっていく生命保険」、「保障に無駄があり損をする生命保険」と取り上げられました。

 

これからはその話が正しいのかどうか、お話していきます。そもそも定期付終身保険とはなんなのかと申しますと、名前の通り終身保険に定期保険がついた保険です。保険会社によって、「●プラン」や、「●人生」など様々な名前で紹介されています。

 

まず、定期保険・終身保険を知っていないと定期付終身保険のことはわからないですよね。

 

定期保険とは、保障期間を契約する時に定めた死亡保障の保険です。更に掛け捨てです。定期保険の定期はいわゆる電車の定期券と同じようなもので、その期間だけ有効ですよね。そんな感じに考えてもらえばいいです。

 

たいてい、●万円の●年定期保険という言い方をしますが、どういうことかと申しますと、例えば5000万円の20年定期保険だとすれば20年間の間に亡くなれば5000万円おりるけど、逆に死ななければ掛け捨てなので全くお金はおりません。

 

 

定期保険は、死亡保障の保険の中で一番安いです。なぜかって掛け捨てだからです。そして定期保険は、ほとんどが自動更新なのです。どういうことかと申しますと、10年の定期保険に加入すれば10年後、自動に更新されるということです。

 

例えば40歳で10年の定期保険に加入すれば、50歳にまた10年の定期保険に入ったことになります。この更新は、こちらから生命保険会社に申し出さない限り自動で行われます。

 

そして気をつけて欲しいのが、定期保険の更新はだいたい60歳までとなっています。つまり保障は60歳までです。

 

これだと、60歳までの保険に入るのと変わらないのでは?と思った方、ここが定期保険で注意しなければならないところです。

 

10年後に同じ保険に加入したことになるわけですから、掛け金がだんだん上がっていきます。生命保険って年をとって加入すればするほど掛け金が高くなります。若いうちに加入すれば掛け金は安いです。

 

簡単に言えば60歳までの保険に入れば掛け金は一定だけど、10年の定期保険に加入すれば更新すればするほど掛け金は高くなっていきます。30歳に加入して、40歳に更新というのは40歳に同じ保険に加入したのと同じこと。これを60歳まで繰り返します。

 

この定期保険は若いうちの掛け金は安く抑えることができます。別に定期保険が悪いとは言いませんが、ライフプラン次第で善し悪しが決まってくると思います。