がん保険

生命保険のがん保険は今選ばれている保険の一つですが、がん保険というのは、健康保険が使えない治療のために用意しておくものです。

 

がんになってしまって入院したり手術をする場合には医療保険でも十分に保障は適応されますが、がんというのは一度で完治するものではなくて場合によっては 入院と退院を繰り返すことになったり、長期間入院しなければいけなくなったりします。

 

また健康保険がきかない治療を受けることもありますから、そんなときには生命保険のがん保険に加入しておくと安心です。

 

生命保険のがん保険というのは、がんにだけターゲットを絞って加入する保険で、高度先進医療給付金がもらえるものなどもありますから、安心してがん治療を受けることが可能です。

 

生命保険を選ぶ際にはがん保険にも加入しておいた方がいいと思いますが、最近は医療保険にがん特約を付けられるタイプのものもありますからがん特約を付けておくという方法もいいでしょう。

 

生命保険会社の商品は色々とあり、がん保険もあればがん特約もありますから、とにかく一つはがんをターゲットにしている生命保険に加入しておくということが安心して過ごすことができるのではないでしょうか?

 

がん治療には何かとお金がかかるものです。

生命保険の転換の話です。簡単に言えば、今入っている生命保険を解約して新たに入り直すということです。下取りや、コンバーションなどとも言われます。

 

その手口の紹介の仕方としては、「今入っている保険を下取りしますので、保障内容が同じで安く入れますよ」なんて言い方が最も主流のようです。まさに”いい話には裏がある”ですね。

 

この事を頭に置いて聞いてみましょう。今入っている保険を下取りということは今入っている保険を全部解約し、うちの保険会社に入りませんか?ということですね。

 

まずは、今入っている生命保険を入りなおすということのデメリットです。

 

一つ目は、転換した際の年齢で保険料が新たに設定されます。なので、今の年齢で保険料が計算されるので保険料は高くなります。まさに落とし穴ですね。まだあります。

 

2つ目は、これまた転換した際の予定利率で保険料が設定されます。予定利率とは、毎月変わる生命保険会社の利率のようなもので、加入した際の予定利率がその保険が倒産でもしない限りずっと適用されます。しかも予定利率はだんだんと低くなっています。

 

例えば、1970年に加入していて利率が4%だったのが転換した年になるということだから、現在利率が1.5%くらいなので、2.5%もさがるということです。

 

予定利率が高ければ高いほど保険料は安くなります。それがまた転換した年にリセットされます。もう転換って損だらけですね。