生命保険の見直記事一覧

生命保険を見直すときには注意点がいくつかあるので紹介したいと思います。まず一つ目は、新しい保険に加入せずに古い保険を先に解約してしまうことです。これは間違った見直し方です。新しい保険に加入してから古い保険を解約するようにしましょう。なぜかというと、万が一古い保険の方が自分に適している場合、それを先に...

保険ってどうやって支払うの?どんな支払い方があるの?と疑問を持つ方が大勢いると思います。保険料の支払い方法はいくつかあるので紹介していきたいと思います。まず、全期払いという払い方があります。全期払いとは、保険料の払込方法のことで、保険期間と保険料の払い込み期間が一致する支払方法です。それとは反対に、...

生命保険の見直しを行うとき、なにかしらわからないことがあり疑問を持つ人がいるでしょう。ここでは、そんな方々に向けていくつかの疑問にお答えしたいと思います。参考程度に見てもらえれば嬉しいです。では一つ目です。どこの保険が一番いいの?単刀直入に申し上げますと、一番いい保険とは自分の家族構成や家計によって...

独身なのに多額な保険に入っていませんか?主婦の方も、高い保険に入っていませんか?内容のわからないまま保険に入っていませんか?保険料を下げるのに一番簡単なやり方は、「本当に必要な保障だけに絞り込む」ということです。今、日本は不景気という状況に陥っていることもあり、家計の支出の見直しをしている人も多いこ...

ここ数年のニュースを見ていると会社の人員削減や早期退職制度という制度を導入しています。また、同じ会社に長期務めする人も少なくなり、会社を自主退社する人が増え、様々な業種で雇用の流動化が続いています。このことと、生命保険の見直しがどう関わっていくかというと、転職などをすると当然収入が増えたり、あるいは...

少し節約のことに触れましたが、日常生活の中で簡単にできる節約に慣れたら、少し手間のかかる節約にもチャレンジしてみましょう。節約のポイントは生活の中で当たり前のように払っている毎月の支出をもう一度見直してみることです。例えば、電気代の見直しや、携帯電話、固定電話の月々の料金、またはパソコンなどのプロバ...

保険を検討する上で考えることは「何のために保険を掛けるのか?」ということです。当たり前だろと言われそうですが、意外にピントがずれている人が多かったり、不安をあおられなんとなく契約したという人も多いでしょう。親が掛けてくれていた保険を引き継いだだけとか、付き合いで仕方なくというのもあると思います。「何...

大きな病気を患っている人は生命保険の種類によっては加入できない場合や保険料が割高になってしまう場合があります。そのような人は生命保険の見直しをするときに、ここが弱点になってしまいます。予定死亡率の考えでは性別によって死亡率が異なるのと同じように、病気になったことがある人とない人が同じ保険料では公平性...

みなさんは、なぜ医療保険に入るのかを知っていますでしょうか?それは、「入院した時に入院費用及び生活費に困らないようにするため」なのです。また、「長期入院が必要な場合に備えるため」や「保険が適用されない先進医療に備えるため」という考え方も正しいでしょう。しかし、ある程度お金がある人はどうでしょうか?入...

生命保険の共済はいろいろなものがあります。例えば、「国民共済」や「県民共済」、「コープ共済」、「社内共済」などです。共済は掛け金が安くて、しかも保障も充実しています。保険会社の保険だけではなく、共済も見直し検討の材料にした方がよいでしょう。ただし、保障が65歳から小さくなることや、一生涯の入院保障で...

今、日本でも離婚率がどんどん高くなっています。特に若い人の離婚率はものすごく高いです。若いご夫婦でも、60歳以上のご夫婦でも年齢に関係なく離婚をするご夫婦が増えているようです。もし残念ながら離婚をすることになったら、生命保険の見直しを必ず忘れずに行ってください。お子さんがいらっしゃる場合は、特によく...

生命保険の見直しポイントをいくつか紹介したのですが、今回はその他の方法での見直しポイントをいくつか挙げていきたいと思います。医療保険を見直しましょう。医療保険を見直す上でのポイントとして、定期保険から終身保険への切り替え時期が挙げられます。定期保険の場合、年齢が上がる度に保険料も上がっていきます。6...

結婚や出産をしたら保険を見直しを行うことをおすすめします。なぜかというと、「守るべき人ができたから」です。結婚したら、自分に万が一のことが合った場合に大切なパートナーを守るのはあなたの役目となるのです。親や兄弟を頼るのではなく、自分の力で大切な人を守りましょう。万が一、自分が入院してしまったら夫は困...

生命保険は定期的(家計や家族構成が変化したとき)に見直しをしていく方がいいと一般的に言われています。それはなぜでしょうか?それは生命保険も次々に条件のいい内容のものが出てくるからです。10年前の保険の内容と今の保険の内容を比較してみると明らかに今の生命保険の内容の方が良いと言えます。ですが一度生命保...

生命保険の見直しについて調べていると、いい保険とか悪い保険とかよく聞きますがどうなんでしょうか?と疑問を持つ声がいっぱいありました。私が考えるに、生命保険にはいい保険も悪い保険もないと思っています。一番新しくできた生命保険がいいわけでもありません。一番契約の多い生命保険がいいという訳でもありません。...

リーマンショックや東日本大震災などの影響により未曾有の不景気に見舞われ、各家庭でもその波にさらされています。私の家でも、その周りでも苦労の声が絶えありません。家庭の出費を見直すご家庭も多いかと思います。その中で考慮される一つとして挙げられるのが生命保険の見直しでしょう。現在、日本では平均年間約46万...

生命保険の見直しについて、どのようなタイミングで行えばいいのかについて考慮してみたいだといえるはずです。私は両親が私のために入れてくれた保険を引き継いでそのまま入っていますが、母が色々なものと比較して、私に合った最適なものにしてくれていました。私の叔母にあたり、母からみると義理の妹にあたると思ってお...

生命保険の見直しの理由として、最も多いのは「保険料を更に安くしたい」または「保険料が高過ぎる」、「あなたの入っている保険のままでよいのか不安だ」といったことだと思います。例に挙げた私の叔母みたいに、内容はよく分からないけど、保険会社の社員に勧められたし、良いと言っていたからという安直な理由で入る人、...

ここまでで、生命保険の見直しがどれくらい重要であるのかをおわかりいただけたかんですよ。生命保険は、住宅の次に高い出費です。それなのに、住宅とは違い、曖昧な部分、正確に分かっていない部分が本当に多い買い物です。是非この機会に見直しをした方がいいでしょう。とはいっても実際に生命保険の見直しに入る前に、ま...

さて、では生命保険の見直しをする前に、保険証券の内容をまず確認することと前述しましたが、生命保険とはどんな構造でなり立っているのでしょうか?一見難しく考えがちですが、その仕組み自体は簡単なものです。そもそも生命保険とは、被保険者(保険をかけた人の事です)が一定の保険料を支払う代わりに、被保険者が死亡...

では実際に、生命保険の見直しの手順に入りましょう。その流れとしては第一に、加入している生命保険の内容の把握と問題点を挙げる、第二に、最適な生命保険の内容を考える、第三に、具体的に生命保険の見直しプランを立てる、です。まず1つ目についてです。現在加入している生命保険が、本当に自分、または家族にとって最...

ここでは、生命保険の見直しの手順の中で出てきた、必要保障額という言葉について、さらに詳しく説明していきましょう。必要保障額とは、生命保険の金額を決定する上で非常に重要です。すなわち、必要保障額とは、稼ぎ手多くの場合は父親だと思いますが、万が一亡くなってしまった場合、遺族が生活に困らないように、今後か...

前回は生命保険見直しにおける必要保障額とはと言う事についてお話をしました。生命保険に加入して、もらえる金額は多ければ多いほどいいに越した事はありませんが、そうすると必然的に保険料は高くなってきます。それにより今の生活が切迫されては本も子もありません。そこで、生命保険の見直しの際には、これだけあれば大...

ここまで生命保険の見直しの準備についてお話してきました。これまで話して来たことを確認されたら、実際に見直しをしていくことにしましょう。生命保険の見直しといっても、多?の方法があります。生命保険の見直しの項目でも少し挙げましたが、見直しの仕方は、現在加入しているものを一部変更させてそのまま継続する方法...

保険料の支払いが、高過ぎるなどで困難になってきたとき、保険料を払わないで契約をそのまま維持しておくと言った見直し方法があります。それが払済保険や延長保険と呼ばれるだといえるはずです。ここでは払済保険について詳しく説明していきます。払済保険とは、現在加入している生命保険の保険料の支払いを止め、それまで...

次の生命保険の見直しの仕方として、保険の転換に関して説明します。保険の転換は、生命保険の「契約転換制度」とも言われています。保険会社の内部では、「コンバージョン」「CV」「V転」等といった言い方をされます。保険の転換とは、すでに契約している保険を解約して、それまでの積み立て部分を下取りに出し、同じ保...

生命保険の見直しで、転換と似たものに「乗り換え」といった方法もあるでしょう。しかし、転換の説明でもお話したとおり、既存の契約を新たな契約に転換するというのは、契約者にとって全体的に見てお得ではありません。前述したように、よく検討した上で、他の見直しの仕方よりもこっちのほうが有効だ、と言えるときに行い...

ここまで、生命保険の見直しの種類に関して説明してきました。ここからは生命保険の見直しのさらに詳しい方法について説明していくことにします。まず、医療保険の見直しに関する事です。医療保険には大きく特約型のものと主契約型のものがあると思います。特約型とは、終身保険や定期保険等の主契約に特約として医療保障を...

次の生命保険の見直しとして、収入保障保険について説明したいと思います。まず収入保障保険とは、生命保険の中でも定期保険と呼ばれるものの一種であり、一定期間の死亡保障を目的に加入するものです。保険会社ごとに「生活保障保険」や「家族収入保険」などと呼ばれることもありますが同じとなっているんです。この生命保...

次の生命保険の見直しの種類として、ネット生保の定期保険について述べたいだと言われているんです。定期保険とは、一定の期間での死亡保障を用意するために加入する保険です。期間仲の保険金額や保険料が一定なところがこの保険の特徴的なところです。これを定額定期保険と呼んでいます。定期保険は、大抵の保険会社で取り...

次の生命保険の種類は、低解約返戻金型終身保険に関する事です。低解約返戻金型終身保険とは、保険料払い込み期間の解約返戻金を低く抑える事によって、保険料を安く抑えようと言った終身保険です。この生命保険では、保険料払い込み期間の解約返戻金は、通常の終身保険の7割程度となり、それだけ保険料が安く出来るように...

医療保険は、生命保険の中でも一番活発に行われる保険です。そのため、とりわけ見直しを必要とする保険といえます。全体的に見てみると、死亡保険は年を追うごとに契約数が減少しているのに対して、がん保険などの医療保険は唯一増えている保険です。中でも人気が高いのが今回説明します、終身医療保険です。そのため、多く...

次の生命保険の見直しとして、がん保険について説明します。がん保険はよく周知されているみたいですが、保障の内容をがんに絞った医療保険のうちの一つでしょう。そのため、がんと診断されてたときにだけ、入院給付金等を受け取ることができます。がんにしか保障が効かないといった特徴があるのですが、裏を返せばそれだけ...

生命保険の種類の説明の最後として、学資保険に関してここでは述べていきたいと思います。学資保険も馴染みが深いものかと思いますが、子どもの教育資金のために積み立て式で行う保険のことです。学資保険の特徴は、一定の保険料を支払っていくと、子どもが成長するにつれて、祝い金や満期保険金などが支払われます。学資保...

生命保険は現代では欠かせないものです。しかし、現在はその種類は多彩にあり、またどの保険会社のものを選べば良いのか、目移りしてしまうでしょう。また、生命保険の見直しには、その仕組みや種類、用語の知識が必要になってきますので、本当に自分に合った生命保険選びと言うのはなかなか難しいものです。そこで、最終的...

ここでは、自分で生命保険を見直す際についてまとめてみたいと思います。自分で見直しを行えば、時間をかけてすることができます。しかし、その際には、生命保険に関する仕組みや用語などのあらゆる知識が必要になってきます。保険会社が多様に存在する事を、その商品の種類も、今では多様にありますから、自分で勉強したい...

自分で生命保険を見直しするのには不安があるという方は、現在加入している生命保険会社の担当者に相談をすることもいいでしょう。その担当者が、知識に長けた人で、ずっとその人にお願いしていて、信頼できるというのであれば、担当者に相談して見直しをするというのも良い方法だといえるでしょう。しかし、保険会社への相...

次に「保険相談」といった見直し方法に関してです。この生命保険の見直しは、保険代理店や保険ショップと言った、直営で行うのではなく、さまざまな保険会社の商品を複合的に取り扱っているところです。そのため、直営店とは違って、客観的なアドバイスを受けられるところが最大の魅力です。保険ショップでは、ファイナンシ...

「保険相談」のうちの来店型の見直し相談の仕方に関する事です。来店型とは、保険ショップなんかの窓口での保険相談のことを言います。現在では保険ショップが増えてきて、その多くが複数の保険会社の契約を取り扱っているショップです。保険ショップへの来店での相談での利点はその気軽さです。これら来店型の保険ショップ...

さいごに保険相談での、訪問型の見直し相談についてです。ファイナンシャルプランナー、通称FPや保険アドバイザーといった人が依頼人の自宅に訪問して相談に乗ってくれるタイプのなのではないでしょうか?訪問型の見直し相談の際には、まずネットなどから予約を行います。この相談方法の最大のメリットは、依頼者が自分で...