生命保険の比較記事一覧

多忙でなかなか保険の勉強ができず、各社をまわって比較検証する余裕のない人にとって、生命保険をインターネットで比較するのが、一番手っ取り早い方法です。昔とは違って、今は家にいても「生命保険」で検索すれば、数多の情報を閲覧することができます。しかし、保険商品のラインナップが豊富すぎて、何を選べばいいか迷...

怪我も病気もしたことのない若い人でも、「生命保険」については無関係なわけではありません。大体、若い人は「きっかけ」がなければ保険に対して考えることはないようですが、生命保険を比較するための予備知識程度なら、もっておいたほうがよいのではないかと思われます。若い人が生命保険についてを意識するのは、結婚を...

生命保険の種類も多様化し、豊富な保険商品のなかから、その人にあったものを見つけられるようになりました。多様化が進むにつれ、近年ではライフネットなどの「格安の生命保険」の存在も、メディアによって特集されるなどして、徐々に有名になってきました。いわゆるこういった「ネット保険」は、従来の生命保険と比較して...

生命保険の比較をするために、まずやってみるのが「生命保険の比較検証サイト」の利用かと思われます。年齢と性別を打ち込むだけで、自分にあった保険と、各社の保険料が表示されるので、保険の選び方がよくわからない人にもカンタンに自分にあった保険会社を見るけることができるというメリットがあります。しかし、生命保...

生命保険に入る際に、意外と見落としがちなのが「特約(オプション)」の存在です。その会社によってオプションは大きくことなりますし、選んだそのオプションによって、保険金は大きく変わってきます。オプションの中でも「三大疾病特約」など、日本人の死因の上位に上る「心不全」などのものをあつかった特約が有名ですが...

「県民共済」というものには、非営利団体特有の「安心感」があります。完全な営利組織である保険会社とは異なり、「全国生活共同組合連合会」という組織団体が協力して運営してるという点になんとなく身近さを感じられます。それに、生保レディや保険外交官などの、しつこい押し売りに不快な経験がある人は余計に、共済など...

生命保険の料金は、一生かけて払っていくので、総額を出すと信じがたいまでに大きな金額がはじき出されることがあります。わたしも、計算して驚愕した経験がありますが、その数字は、世界一周旅行が何回できるのだろうかという金額になっていたのです。また、人によっては「こんなに払ったら家が買えるじゃないか」というほ...

生命保険には「定期型」と「終身型」がありますが、やはり、お金に余裕があるならば、終身保険に入るべきかと個人的には思います。結婚して、子供を持って、「死後の責任」を感じる人は余計に、「どんなことがおこっても、安心できる」終身型の生命保険がいいのではないでしょうか?死亡保障の手厚さは魅力的ですし、もし、...

アヒルのテレビコマーシャルでおなじみの大手「アフラック」についてご紹介します。アフラックとは、外資系の生命保険であり、アメリカンファミリーの生命保険ですね。その保険商品は、がん保険に対する顧客からの要望をしっかりとカバーしているもので、がん保険、医療保険の契約件数は国内ナンバーワンとも言われています...

アリコやアフラックなど、保険会社を比較するとやはり各社によってさまざまな違いがありますが、ソニー生命保険の場合は、所属するスタッフに違いがありますソニー生命保険には、「ライフプランナー」と呼ばれる生命保険の相談員が在籍しています。このライフプランナーのシステムが採用されてから約三十年も経っているとい...

外資系の生命保険会社にもさまざまな種類がありますが、「有名な会社だから」「大手だから」入る姿勢でいると、もしかしたらその大手会社の隠れた赤字と斜陽に気づかず、保険金の返還もままならないまま倒産されてしまうかもしれません。そんな方に知ってほしいのが「ジブラルタ生命保険」です。ご存知ない方も多いかもしれ...

生命保険会社の料金の比較についてをお話していきます。生命保険を選ぶとなると、やはり一番気にしがちなのが「保険料」ですよね。高いといいプランに入れるし老後も安心だけど、払いきれるか心配だし、できれば安いほうがいい…きっと、みなさんこう思っていることでしょう。今までこのサイトの中では、「共済」や「ネット...

「定期と終身の生命保険の比較」についてを説明していきます。生命保険には、みなさんもご存知の通り、「終身保険」と「定期保険」がありますが、比較してみるとその二つには大きな違いがあります。終身型の生命保険は、保険料が高いという点はいなめませんが、かなり手厚い保証を受けることができます。一生涯保証が続くの...